肺がんなどの身体の健康被害を予防に禁煙治療薬が有効

たばこが身体に与える影響は大きいことが知られており、日本人の中で発症率が高い肺がんの原因とも考えられています。
日本人の肺がんの発症率は高く、死因の上位にも入っていますので、国家として予防に取り組んでいます。
たばこが原因の疾患の増加に関しての予防策は、禁煙することが最も効果があると考えられており、医療機関では禁煙治療が受けられる体制になっています。
従来までは禁煙は習慣的なものと捉えられていましたが、現在ではたばこに含まれているニコチンに中毒性があることから、ニコチン依存症の病気として考えられています。
たばこにはニコチンの他にも多くの発がん性物質が含まれていることがわかっており、肺がんのリスクを減らすためにも禁煙が各地で推奨されています。
禁煙外来ではニコチンを含んでいない医薬品である、禁煙治療薬の処方が行われています。
禁煙治療薬としてチャンピックスは、日本の厚生労働省の認可を受けていて、ニコチンによって引き起こされる離脱症状の緩和に役立つ薬となります。
身体の健康を保つために禁煙治療が重要で、日本国では条件を満たした医療機関で治療を受けることで保険が適用されます。
禁煙治療薬のチャンピックスを服用すれば、離脱症状を軽減できますので、身体への負担が軽くなり、禁煙の成功率を高めることが可能です。
チャンピックスを用いた禁煙治療では、3か月の治療が必要となります。
また、チャンピックスには一定の副作用の危険性があるとの報告がありますので、身体に異変を感じたときにはすぐに医師に相談することが大切です。
チャンピックスの服用で起こる可能性のある副作用の主な症状としては、頭痛や眠気、吐き気などが挙げられます。