禁煙治療薬使用前の診療と使用中のウォーキングの相談

禁煙を始める人の多くが禁煙外来を受診します。
ここ数年、芸能人の禁煙宣言やインターネット上のブログやSNSで禁煙活動が報告されていることでだいぶ知名度が上がってきた禁煙外来ですが、受診するまでのハードルが高いようで躊躇している人も多いようです。
そのような専門があると知らなかったという人もいる通り、禁煙が「ニコチンへの依存によるもの」と明確にされたのがここ数年の話であるため、タバコへの依存症の治療という認識がなかったことも理由にあげられます。
そのため、まだ禁煙外来に対して敷居が高く感じたり、よくわからない場所というイメージがあるのかもしれません。
インターネットなどで入手できる禁煙治療薬の利用を考える人もいますが、禁煙を始める前に一度は診療を受けることをおすすめします。
ニコチンへの依存の度合いも人それぞれであることや、喫煙による疾病もないとも限りません。
また、禁煙治療薬を使用することで副作用がありますが、自己流の判断をすることは危険です。
専門医の診療を受け、禁煙治療薬を正しく理解することが大切です。
また、禁煙治療を開始すると、いろいろと体に起こる変化が気になります。
例えば、体重の増加がそのひとつです。
禁煙をすることで口寂しくなりますが、知らないうちに食べる量が増えてしまうことで5kgほどの体重増加があるといわれています。
ウォーキングなどで運動不足と体重増加をコントロールしなければと考えている人もいますが、禁煙治療薬を服用していることでウォーキング中に注意しなければならないこともあります。
専門医の診療を受けてウォーキングなどの運動時の注意も訊いておくと、安心して禁煙治療薬を服用できます。